正式に賃貸物件の契約を結ぶ前に注意すべきポイント

普通借家契約となっていることを確認しよう

賃貸借契約を結ぶ時には、不動産屋が仲介者となりますが、必ずしも信用出来るとは限りません。借地借家法により保護された賃貸借契約を結ぶためには、普通借家契約を正しく結ぶ必要があるからです。定期借家契約と転貸契約の危険性を十分に承知した上で行なう場合には、リスク覚悟ですから問題ありませんが、何も知らずに契約することだけは危険すぎます。
定期借家契約は、分譲賃貸マンションのようにオーナーが転勤中に一時的に期間限定で貸す場合に適用されます。更新が出来ずに期間満了時には、明け渡す前提で契約することになります。転貸契約は、不動産屋が一括借上げした部屋を又貸しにより借りるので、立場が弱くトラブル発生時には泣き寝入りとなるかねないので、詳しい人以外は普通借家契約を結ぶことが無難です。

特約事項を確認してから契約をする

普通借家契約を結ぶ際には、特約事項の説明を特に慎重に聞く必要があります。不動産屋で重要事項を説明する人は、宅地建物取引士の資格者に限定されています。しかし、自らが関わる仲介手数料に関する特約として、オーナーが支払うべき仲介手数料を入居者が払う特約すら説明されなければ、契約を避けることが望ましいです。
特約事項に関しては、退去時に問題となることが多く、和室の畳表替え費用や敷金精算についても詳細に規定されています。全ての項目に納得了承した上で契約を結ばなければ、賃貸借契約に詳しくない人は騙されかねません。善良な宅地建物取引士による説明を受けた上で、納得出来た場合のみ正式契約を行なうため、最終的な印は押さずに契約書を持参すると良いでしょう。

室蘭の賃貸は物件数が豊富なので、ファミリーでも単身でもそれぞれの要望に合わせた物件を探すことが出来ます。

© Copyright Committed To Giving. All Rights Reserved.